予防接種

予防接種について

予防接種について
  • あらかじめワクチンを接種することによって、その病気にかからなくなったり、罹患しても軽くて済んだりします。
  • 例えば、インフルエンザワクチンを事前に接種しておくと、インフルエンザの罹患リスクを軽減でき、これによりご本人だけでなく、周囲の方々にインフルエンザウイルスを蔓延させることもなくなります。
    ワクチン接種によって感染リスクをゼロにすることは出来ませんが、罹患しても重症にならずに済むように、事前に予防接種を受けるよう心掛けてください。

当クリニックで行える成人期のワクチン接種

インフルエンザワクチン

  • 日本では例年12月下旬から翌年3月上旬にかけて流行しますので、その前に受けておくことが大切です。
  • インフルエンザワクチンの接種は健康保険が適用されないので、原則として全額自己負担となります。ただし、65歳以上の方(特定の疾患を有する場合は60歳以上)は、予防接種法に基づき費用の一部または全額を地方自治体が助成しています。
  • それ以外の方についても、助成を行っている自治体が数多くありますので、詳しくは、お住いの市町村の保健所・地域保健センターにお問い合わせください。

肺炎球菌ワクチン

  • 肺炎球菌ワクチンを事前に接種しておくことによって、肺炎のリスクを軽減でき、重症化を防ぐことができます。このワクチンは1年を通して、いつでも接種可能です。
    5年以内に再接種を行った場合、注射部位に痛みなどが強く生じることもありますので、再接種を希望される方は5年以上の間隔をあけるようにして下さい。
  • 高齢者を対象とした肺炎球菌ワクチンは、予防接種法に基づく定期接種となります。
    原則として、65歳以上で5年ごとの節目年齢(65、70、75、80歳など)で費用の一部または全額が助成されるのですが、自治体によって異なります。
    詳しくは、お住いの市町村の保健所・保健センターにお問い合わせください。
  • 肺炎球菌ワクチンは、すべての肺炎を予防できるわけではありませんので、接種後も、うがいや手洗いを敢行し、日常的な公衆衛生活動を怠らないよう留意してください。

麻疹、風疹、水痘、肝炎、破傷風、おたふく

抗体検査を実施し、もし抗体がなければ必要に応じてワクチン接種を行っています。

診療時間 日祝
9:00~12:00
16:00~18:00
  • 休診日:水曜午後、土曜午後、日曜、祝日
PAGE TOP
PAGE TOP
  1. tel.054-209-2632