ピロリ菌検査

ピロリ菌とは

ピロリ菌とは

ヘリコバクター・ピロリ菌、通称ピロリ菌とは、胃内で生息する4ミクロン(4/1000mm)ほどの病原微生物で、胃に慢性的な炎症を起こすと言われている細菌です。
ピロリ菌が胃内で感染するとヘリコバクター・ピロリ感染症を引き起こします。
胃・十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、胃ポリープなどの胃の疾患や、特発性血小板減少性紫斑病や慢性じんましんの原因となります。
さらに、萎縮性胃炎を経て、胃がんを発症させることもあります。

感染経路について

  • ピロリ菌の感染経路については、完全に解明されていません。
    胃内で定着することから、幼児期に口から胃にピロリ菌が侵入することで感染すると考えられています。
    家庭内感染の可能性としては、ピロリ菌に感染している大人から小さい子どもへの食べ物の口移しなどが、感染原因として考えられています。
  • 幼児期には胃内の酸性が弱く、ピロリ菌が生き延びやすい環境にあります。
    大人の胃内は酸性が強く、細菌が生きていくには非常に厳しい環境ですが、幼児期の胃内に侵入したピロリ菌は、ウレアーゼという酵素を産生します。
    このウレアーゼは胃の粘液中の尿素を、アンモニアと二酸化炭素に分解し、これにより生じたアンモニアで胃酸を中和することで、胃の中でも生息を可能にしています。
    ピロリ菌に感染し菌が胃壁に取り付いてしまうと、細胞を弱らせる毒素を出すようになります。
    その菌を排除するために血液中の白血球やリンパ球がその周囲に集まるようになり、この攻防が激しくなると、ヘリコバクター・ピロリ感染症を引き起こします。

検査について

ピロリ菌感染が疑われる場合、胃カメラを行いピロリ菌感染症の有無を調べます。
主な検査方法は以下の通りです。

〈尿素呼気試験(UBT)〉

胃内のピロリ菌が産生した尿素を呼気中から検出する検査法です。
最も感度が高く頻繁に用いられる検査方法ですが、胃薬を内服している際には行えない場合があります。検査時間は約20分です。

〈迅速ウレアーゼ試験〉

胃カメラにて生検組織を使用して、ピロリ菌が持つウレアーゼで尿素から産生されたアンモニアが培地のPHを上昇させるため色調変化にて調べます。

〈抗体測定〉

血液検査にて抗ピロリ菌抗体を測定して調べます。

〈鏡検法〉

採取した組織を染色し、顕微鏡で観察することによりピロリ菌の有無を調べます。

〈培養法〉

採取した組織を用いて培養することで、ピロリ菌が増えるかどうかを調べます。

除菌治療について

検査の結果でピロリ菌に感染していることが判明した場合は、薬物療法による除菌治療を行います。

薬物療法

  • プロトンポンプ阻害剤という胃酸を抑える薬と2種類の抗生物質の計3種類の薬を、朝・夕1日2回の服用を1週間続け、服用を終えて約3ヵ月以上が経過したのちに、除菌療法の効果を判定します。
    正しく薬を服用していても、体質によって除菌しきれない場合があります。
    1次除菌薬による除菌率は約70%~80%です。
  • 1次除菌が不成功の場合は、抗生物質の組み合わせを変えて2次除菌を行います。
    2次除菌薬による除菌率は約90%です。多くの方が1回もしくは2回の治療で除菌に成功しています。
診療時間 日祝
9:00~12:00
16:00~18:00
  • 休診日:水曜午後、土曜午後、日曜、祝日
PAGE TOP
PAGE TOP
  1. tel.054-209-2632