高尿酸血症(痛風)

高尿酸血症(痛風)とは

高尿酸血症(痛風)とは
  • 血液中の尿酸が多くなり、血清尿酸値が7.0mg/dLを超えると、高尿酸血症であると診断されます。
  • 尿酸は血液中では、水分に溶けにくい性質のため尿酸塩として存在しています。
    尿酸が過多になると、針状の結晶である尿酸塩が次々とでき、とくに足の親指の付け根などの関節などに溜まることで、激しい痛みを伴った炎症発作を起こす痛風になります。
  • これといった症状がなくても血清尿酸値を測定する検査を行い、数値が7.0mg/dLを超えている場合は、いつ痛風の症状が起きてもおかしくない状態です。
    痛風の痛みに耐えることは困難なので、この症状が出ることで来院される患者様は多いです。
  • さらに尿酸値の高い状態を放置しておくと、心疾患や腎障害・脳血管障害・尿路結石・痛風結節といった疾患を併発するようになるので注意が必要です。

痛風の発症原因

人体の細胞は毎日の新陳代謝で新しくつくり変えられていますが、その細胞の核からはプリン体と呼ばれる物質が生成されます。これが尿酸の元です。

プリン体が多いもの

  • プリン体はレバー類・干し椎茸・いくらなどの魚卵類・えび・かつおやいわしなど一部の魚介類に多く含まれています。アルコール飲料には、尿酸値を上昇させる作用があります。
  • 日頃より尿酸値が高いと指摘されている方は、プリン体が多く含まれる食物などを避けるようにしてください。
診療時間 日祝
9:00~12:00
16:00~18:00
  • 休診日:水曜午後、土曜午後、日曜、祝日
PAGE TOP
PAGE TOP
  1. tel.054-209-2632